2016/05/27

We are BACK!!!!



Hello! We are back!!!
Open until 6pm!!!
Come and see us!! 



おはようございます。そしてお久しぶりです!
本日より通常営業スタートです。
沢山の新商品と共に、皆様のお越しを心よりお待ちしております。
皆様、本日も良い一日を!☀︎





C & MILLS
〒802-0006
福岡県北九州市小倉北区魚町3-3-12
中屋ビル1階 メルカート三番街内

Facebook: https://www.facebook.com/candm


2016/05/25

5月27日(金)再OPEN致します!

<お知らせ>



C & MILLS、27日より再OPEN致します。
以前のお知らせで26日からとしておりましたが、急遽変更となりました。27日(金)10:00-18:00とさせて頂きます。
ご予定下さっていた方がいらっしゃいましたら、大変申し訳ございません。オランダ、イギリスから買い付けてきたものや、新作商品などをご用意しております。
ぜひぜひ遊びにいらして下さい。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


C & MILLS 店主

2016/05/23

Stopped by Present & Correct !!

こんにちは。C  & MILLSです。
現在、LondonからAmsterdamに戻り、Amsterdam最後の夜をホテルでひっそりと過ごしてます。今日の夕方まで居たLondon。ありがたいことに、毎日人と会う約束をしていたのもあって、3日間という短い時間をかなり濃密に過ごせました。なので、初日のLondonがどんなだったか記憶が薄れかけてるのですが、思い返してみたら、とってもお世話になっている所に再訪したのでした、ワタシ。そうでした、そうでした。

London初日に訪れたのは、C & MILLSでも取り扱っているステーショナリーを製作している
Present & Correct



グラフィックデザイナーでもある このお店の店主 Nealのデザインするノートなども本当に素敵なのですが、なんといっても彼のこだわり抜いた文房具などのセレクトが本当に素晴らしい!!



ショッパーもこんなに可愛い。。
もちろん日本の文房具も揃っているのですが、他にはヴィンテージの絵本であったり、昔使われていたチケットなど。文房具好きにはたまらない空間になってます。


Present & CorrectはAngelという地下鉄の駅から歩いてすぐなのですが、最近このエリアはかなり人気があるらしく、家賃も高くなっているとのこと。前回来た時に訪れたインテリアショップがあったのですが、家賃の関係でお店を閉店したそうで。残念。。
前回訪れた2年前から、かなり色々とLondonは変わってました。



続いて、次の日に訪れたスポットについてご紹介。
このスポットについては以前このブログ(以前の記事⇨コチラからどうぞ)にも、他のブログにも何度か載せたことがあるのですが、Londonで一番行きたい所は?と聞かれたら即答するのが、ここ
MONMOUTH COFFEE



私は絶対に土曜日に訪れます。(なぜならすぐ側のマーケットにあるお目当てのお店が土曜日だけOPENするから)
7:30 OPEN、7:30入店。Openしてからすぐに行列ができるのですが、Open直後はまだ座る席も確保できます。


あ、いつものあの子がいる!とちょっと嬉しくなったり、、、



このパンやショートブレッドやケーキなどなど、全部美味しいんです。本当に。


そして私は絶対にこの長テーブルに座りたい。(なぜならジャムが欲しいから)


このEngland Preservesのジャムも本当に、美味しくて!
以前来た時は、日本でも有名なCONRAN shop の Sir Conranが手がけるカフェ、ALBION でこのジャムが買えるので買って帰ったのですが、今回は飛行機の手荷物の制限上断念。


パン・オ・ショコラとフィルターコーヒーを頂きました。



以前からこちらのMONMOUTHのトートバッグを買っており(しかも今回の旅でも持参)、3代目プラス, ストック用を買おうと思っていたのですが、残念ながら、今は販売が終わっていました。残念すぎる。


そしてMONMOUTHを出てからのいつものお決まりのコースなのですが、目の前のBorough Marketでこちらのサンドを食べること。



ここ、以前と場所が変わっていて最初閉店したのかと思いました。変わらずあってよかった。。
MONMOUTHから出てすぐに向かったのですが、まだ早すぎて準備中でした。尋ねると「あと30分くらいしたらスタートするよ」と言われたので、時間つぶしにお散歩へ。




このBorough Marketからモダンアートの美術館である TATE MODERN へはテムズ川沿いを歩いていけます。



こちらがTATE。現在改装をしており一部入れないエリアもあるそう。



左を見るとTATE。右を向くとミレニアムブリッジとセントポール大聖堂が。
のんびりお散歩をしつつ、ちゃんと30分後には元の場所へ。


準備できてました。


3年前の留学中、帰国するまでの数週間  毎週末通いつめていたのでお店の方に顔を覚えてもらってました。時にはサービスで他のメニューのものを付けてくれることがあったので、"アノ人"いるかな〜?と思ったのですが、もう彼はいらっしゃらなかったです。。残念(←下心見え見え)


たくさんのチーズとネギをたっぷりはさみ、焼き上げるこちらのサンド。
もうすでにまた食べに行きたい。





イギリスはご飯がマズイと言いますが、ここに来たらイメージが変わるはず。
とっても美味しいものばかり。
ぜひ行かれてみてください!


と、今回もLondonのことについて書いたのですが、日本時間の明後日には日本に帰国。
また新しい商品に関してなどをブログにアップしていきます。
お楽しみに。

それではまた。




C & MILLS
〒802-0006
福岡県北九州市小倉北区魚町3-3-12
中屋ビル1階 メルカート三番街内

Facebook: https://www.facebook.com/candm

2016/05/21

Shoreditch in LONDON

こんにちは。 C & MILLSです。
昨日の早朝、Amsterdamを発ち、Londonに到着致しました。
留学中もよく早朝のフライトでヨーロッパの国々を回っていたのですが、その当時と同様にあんなに早い時間(3:00am起き、タクシーの都合により3:15amにHostel出発)にトライしましたが、もうキツイですね(笑)

空港に向かうタクシーの中で運転手の方が「コノ曲イイダロ!」と爆音でクラブミュージックをかけ始めたときには寝起きの私にとっては地獄でした。「ニホン ノ キョクカケテイイヨ!」と言われたものの、自分はほとんど聞かないので、「もう任せるよ。。」とソッと目を閉じました。
お陰様でどっと疲れました。


そんなこんなでLondon着きました。しかもビックリするくらい入国審査がうまくいって。1分くらいで終わりました。珍しい!さすがGatwick空港!私の味方です。笑

到着してからは、予定していたスポットを分刻みで動き回りました。




EAST Londonに位置する、Shoreditch。
見るところが沢山あるので大好きなのですが、いくつか絞って回りました。



ヴィンテージショップやギャラリー、セレクトショップなどが多く集まるエリアです。
あのACE HOTELもここにあります。もうすぐアメリカ オレゴン州のポートランドにもできるそう。



こちらも、よく雑誌に載っているので知っている方も多いはず。
LABOUR AND WAIT




MAST brothersのチョコレートも"MUST"です。(あ、一応ダジャレのつもりです)
ここでは試食でolive oilのチョコをいただきました。右奥に写っている黄色のがそう。
おいしいねー!と感想を述べ、色々とこの味について説明をしてもらったものの、購入したのは別のもの。(試食してないものが欲しくて)店内でホットチョコレートなどのドリンクなども楽しめます。




そしてこちらはLeila's Shop
このカフェの隣は、グロサリーストアもあります。
この時、既にヘトヘトだったので休憩がてら入りましたが、そんなに時間がなかったので、とりあえずコーヒーとヴィクトリアケーキを注文。
ヴィクトリアケーキ、大好きなのですが、こちらのはちょっとパサパサ(笑)。
カフェでゆっくりすることなく滞在時間10分ほど。こういうcafeでこの滞在時間の短さは稀です。









そして続いて向かったのが、Jasper Morrison Shop
MUJIやANDO'S GlASSなどともコラボしているため、Jasper Morrisonをご存知の方も多いと思います。



Shopの近くにいる筈なのに、看板もないのでウロウロしていたら、インターホンを押してドアを開けてもらう方式のものでした。
インターホンもひっそりとあるので、見つけるのに時間がかかりました。押すのにもドキドキ。思い切って押してみたらどこからか「Hello?Hello?」と聞こえてくるので、二階の窓から誰かが話しかけていると思ってずっと上を見上げていたら、目の前のインターホンからでした(笑)

開けてもらったドアを抜けると、shopが。



Jasper Morrisonがデザインしたプロダクトから彼の書いた本、他には日本から入れているものなど。空間作りがかっこよかったです。
Jasper Morrisonは日本に住んでいるため、ここには別のスタッフの女性が居たのですが色々と詳しく教えてくれました。


帰り道はこんな感じ。
こういうお店の作り方もあるんですね〜〜。





一日中バタバタしていたり、寝不足なのもあって、今日は色々と物忘れをすることも多い一日でした。回る予定であった所を数カ所忘れていたとわかった瞬間、自然と「Oh My god」と叫びそうになりました。
また、あるshopで人に頼まれていた物を買いに行った際、商品を受け取ってお店から出ようとするとお店の方が「Ah, Pay..ん? あ、いや、なんでもない」と何か歯切れが悪く、「え、何?」と答えると「あれ?Pay...?ん?」と二人でなんだか意味のわからないやり取りをしていたのですが、、、
ワタクシ、商品の代金を支払うのを忘れてました。笑
あまりにも普通に私が「ありがとうー!」と立ち去ろうとするので、お店の方も「あれ?自分の記憶がおかしいのかな?あれ?もう払ったっけ?」と戸惑ったらしく。
非常に申し訳なかったです。ごめんなさい。


そんなこんなの一日でしたが、やはりLondonはいいですね。人は冷たいですが(笑)Amsterdamに比べると非常に。
地下鉄を駆使すれば、効率よく広い範囲をまわれます。

明日はC & MILLSに新しく入荷するジュエリーを受け取りにNetil Marketへ。
こちらも後日、その模様をブログに載せる予定ですが、次回のブログでは本日訪れたPresent&Correctをまずご紹介しようと思います。こちらはC & MILLSでも取り扱っているステーショナリーショップ。以前載せたブログはコチラからどうぞ。⇨コチラ


それでは、また。


C & MILLS
〒802-0006
福岡県北九州市小倉北区魚町3-3-12
中屋ビル1階 メルカート三番街内

Facebook: https://www.facebook.com/candm

2016/05/20

Amusing time with Pauline from Petite Passport!!

こんにちは。 C & MILLSです。
本日(5/19)、このブログでも何度も登場、そして大変お世話になっているPetite Passport の編集者である、Pauline EggeとAmsterdamにあるカフェ BERRY で初対面を果たしました!ついにです!


目の前の席にいた赤ちゃんもこの笑顔。
「Mooi!!(オランダ語で、すごい!いいね!の意味)」と言ってるよう(想像です)。


Petite Passportの編集者、Pauline Egge。想像通りの女性でした。物腰の柔らかい、笑顔の素敵なPauline。
何度も何度もメールなどで連絡を取り合っていたので、初対面とは思えませんでした。
元々雑誌のエディターのお仕事をされていましたが、ふと自分の行きたい場所などの情報を載せるガイドを作ることを思いついたそう。まずはパリから始め。。現在の取材地域はヨーロッパ各地、そしてアメリカも。
今ではInstagramやPinterestなどでも頻繁に目にするようになったPetite Passportですが、ここまで6年もの間一人でやられているのが驚き。写真撮影もそうです。いつも魅力的な、訪れてみたくなるような写真を撮っているのもPauline本人です。


BERRYの本棚にもちゃんと置いてありました、「The Amsterdam Guide」。
こちらのカフェ、本棚に沢山の本が並んでいるのですが、一冊本を置いたら一冊そこにある本を持って帰っていいそう。もちろん、「BERRY」というスタンプが押されたAmsterdamガイドは持ち帰り不可。
隣にはコワーキングスペースがございます。
朝8:00 OPENのため、朝食がてらフラっと寄れるのが素敵。
Paulineとも話していたのですが、Amsterdamを始め、Londonなどのヨーロッパの国々やNYなどでは 早ければ朝6時からOPENしているカフェが本当に多いです。
朝食だけでもサッと寄れるカフェがもっと日本にも増えたらいいな、というのが長年の願い。


普段はRotterdamを拠点にしている彼女がわざわざAmsterdamまで来てくれたのですが、数日前まではNYで取材。こちらのNY版ガイドの出版も楽しみです。
Webデザインや本のデザイン以外は全て一人でやっているため、「NY版ができるまでちょっと時間かかるの!」と言ってました。いえいえ、いつまでも待ちます。



しっかり、ちゃっかりガイド本と撮影。
13時集合の15時過ぎ解散。あっという間の時間でした。お互い好きなものが本当に似ているため話が尽きず。「あれ知ってる?これ知ってる?ココ行った?」など。楽しかった〜〜。



BERRYは前回ブログにものせたステーショナリーショップの MISC store も歩いてすぐです。



いつか日本版を作りたい!と言っていたPauline。今からどこに連れて行くかのリストを上げてます。笑
本当に楽しい楽しい時間をありがとうございました。


明日、私はLondonへ向かいます。
早速、宿泊予定のHostelから「トラブルにより、WiFi使えません!」という連絡が入りガッカリしておりますが、そしていつも通りの曇りの天気予報ですが、再訪するスポット、買い付けのために回るスポットなどに思いを馳せて飛行機に乗ります。

WiFiの不具合により、ブログのアップがどうなるか分かりませんが、またLondonの模様を載せると思いますので、お楽しみに!!!



C & MILLS
〒802-0006
福岡県北九州市小倉北区魚町3-3-12
中屋ビル1階 メルカート三番街内

Facebook: https://www.facebook.com/candmills

2016/05/19

オランダで出会いし かわいい子たち

こんにちは。C & MILLSです。

今日はオランダで出会ったかわいい四つ足さんたちを載せようと思います。


まずはAmsterdamで出会った子達。
こちらは古本屋さんのBoekie Woekieにいる看板娘、ティケティ。
ドアを開けたら黒く丸い物体が(笑)
とっても人懐こく、目があったら近寄ってきます。


触ろうとしたらこの体勢です。そしてこの手!!


気持ち良さそうに目をつむってました。
歩く時はもう少しでお腹が地面につくのでは、というくらいのポッチャリ感。


お名前を聞き、「Girl or Boy?」と聞くと「Old ladyだよ、ホッホッホ」と笑うold gentlemanのオーナーさん。お店に入るとのんびりとした雰囲気を感じるのはこのマダムティケティとオーナーさんの醸し出すおっとりオーラのせいでしょう。マダム ティケティの「ク〜ン」という鳴き声にもぜひご注目を。笑


街を歩いていても本当に沢山のネコちゃん(こちらの子はちゃんと首輪をつけてました)やワンちゃんがいます。しかもとってもいいなと思うのが、カフェやショップ、結構どこにでもワンちゃんを連れて入れること。こういうところがヨーロッパの国のいいところだと思います。


時にはこの子のように、外で待っていることも。
お利口にちゃんとドアの前で飼い主さんを待ってます。


続いてHaarlemで出会った四つ足さんたち。


雰囲気のいいショップがあるなと思ったら、店先にワンちゃんが佇んでました。


近づいたら耳を後ろに下げ、半分アタックしてくる感じで近寄ってきてくれました。 


オランダは人も犬もネコもフレンドリー。 


気持ち良さそうなこのお顔。たまりません。



続いて小道に入ったら植木鉢の中にひっそりと、しかし存在感を醸し出して佇んでいたネコちゃん。


凛としてこちらを見つめてました。シックな黒の首輪がよく似合ってる。


ネコちゃんだなあ、と思うのが、触っていてゴロゴロ言わせてたかと思うと次の瞬間にはプイッとする。 


そうか、もう飽きたんだね、と立ち去ろうとして、
振り返ってみると. . .


見てました。笑





この子は近づくとゆっくりとシッポを振り、離れると止め。また近づくとシッポを振り。しばらく遊んでました。笑


癒されました。。


最後に、このブログを書いているHostelのワーキングスペースで
ふと、後ろを振り返ってみると列をなして歩いていたカモさんたちの写真でお別れ。



近くに運河があるからね。




次回は、Petite Passportの編集者、Paulineとついに初対面を果たした模様か(このブログを書いている本日のお昼に会う予定)、Londonに到着してからのことを載せようかと思います。
お楽しみに。



C & MILLS
〒802-0006
福岡県北九州市小倉北区魚町3-3-12
中屋ビル1階 メルカート三番街内

Facebook: https://www.facebook.com/candmills